iPod nanoとiPod shuffleの販売が終了は既定路線

2017年7月28日

AppleのウェブサイトからついにiPod nanoとIPod shuffleの製品がラインナップから消えてしまいましたね。

これはすでに予想通り、いずれなくなるであろう製品だったのであまり驚きはありません。

これにより、オーディオプレーヤー「iPod」の現行ラインナップは「iPod touch」のみとなる。

スマートフォンが主流の中で、やはり普通に考えれば当然iPhoneでほとんど事足りるし、iPodの存在意義が随分となくなっている気がします。

もともともiPod nanoやshuffleといった製品はiPod touchというのがあったので一度も使ったことがありません、価格的にはiPod nanoの方が安かったんですが、できることが少ないのがちょっとね。

単純な音楽プレイヤーというだけでは正直魅力がない時代、ハイレゾ対応など音質での差を見せてくれなければやはり購買意欲は上がらないでしょう、ハイレゾ対応だったらiPodでも買っただろうな〜

GO TO HOME

こちらも合わせて読む