リスクの神様第1話感想

2015年7月9日

エリートの道を歩み始めた、戸田恵梨香が一気にリコール問題で転落する。札束を振りかざし伝説の危機管理専門家役の堤真一がこれまたいい味をだしながら、リスク回避に奔走する姿は結構おもしろい。

裏番組が花咲舞が黙ってないとあって、あまり期待は高くないドラマだったが、案外キャストも含めこちらの方がどちからというと先が見えない分、毎週楽しめるかもしれない。

西行寺智(堤真一)は、アメリカの企業や政府関連の危機管理に携わり、数々のトラブルを解決してきた伝説的な危機管理専門家。日本最大の商社・サンライズ物産社長の坂手光輝(吉田鋼太郎)にその手腕を見込まれた西行寺は、同社の危機対策室長に迎え入れられ、久しぶりに帰国する。

それにしても戸田恵梨香、なんか顔が変わったな〜って感じがする。痩せすぎなのか?あまりみかけなかったので、その変貌ぶりは若干ショックを覚えました。

俳優として大好きな堤真一、この人の演技は本当に味がある、楽しみなドラマになりそうです。

GO TO HOME

こちらも合わせて読む