ジョンソンで頭とったどー!よっしゃ!広島カープ

2016年5月11日

投壊寸前、いやすでに投壊中の中で絶対に落とせないゲームといえば、当然ジョンソンであろう。

野村祐輔とジョンソン、この二人以外に勝ちゲームが計算できる投手はいない。いずれここに九里亜蓮という名前が刻まれることになるだろうが。

注目の初回に3失点といきなりズッコケる展開にはさすがショックを隠せないスタートは福井の乱調を思い出させる。

一発を浴びてさらに追加点、四球がらみの失点はさすがに手痛いものを感じたが、それでも好調な打線はその劣勢を物ともせず、丸の一発、さらには松山の同点ツーラン、3点差という劣勢を跳ね返す勢いはまさしく本物だと言えるでしょう。

さらに菊池のタイムリーや新井のタイムリー。トドメは鈴木誠也のホームランで一本締め。

頭をとったことがどれほど嬉しいことか・・・・。

中日も勝ったため、同率首位となったが順位を落とさずにここまできたことはやはり大きい収穫である。

しかしこれからが問題である、まずは野村祐輔で勝ち越しを決めて九里亜蓮あたりがローテだろうからしっかり勝利のタスキをつなげてもらいたい。

引越しでバタバタしているが、やっぱりカープを応援していこう!今が一番楽しい時期です。

GO TO HOME

こちらも合わせて読む