RISINGS

Appleネタやイラスト、デザインなどの話題も

逃げるは恥だが役に立つがむず痒くてキュンとする

2016年11月24日

最近のドラマにしては珍しくと言うべきか?
逃げるは恥だが役に立つ、通称「逃げ恥」と言うドラマを初回からガッツリ見ていたわけですが、どうせ何の特徴もな最後はうまくいってチャンチャンドラマだと思っていたが、劇中の様々なパロディがクセになる、情熱大陸や、ビフォアアフター、さらにはエヴァやサザエさんまでも一体どこの層を狙っとるんだとツッコミを入れながらも淡々と見続けてしまう妙に不思議な魅力があるドラマ。

星野源と新垣結衣のもどかしいラブコメディ、むず痒さがありながらどこか懐かしさを覚えてしまう、何とも青春時代を謳歌した時を思い出す甘酸っぱさが魅力かもしれません。

契約結婚から始まる二人の心の変化、何とももどかしい展開が楽しみになってくる。

エンディングはダンスで締めるも、このダンスがややこしいのだが、そこまで難しくはないと言うべきか、楽しそうに踊る姿は、火曜日というブルーマンデーを乗り越え週半ばへ向かうサラリーマンがほっと一息つけるような安心感があったりしてます、あくまで個人的にそう感じているだけですけどね。

そろそろドラマも終盤へ、今クールのドラマではドクターXに次いで話題の作品です。旬でいえばおそらくこちらのほうが話題性が高いと思いますので、最終回までに視聴率も右肩上がりに期待できそうです。

GO TO HOME

こちらも合わせて読む