イラストACを始めて1年の結果報告

2016年12月16日

イラストACを始めて1年が過ぎました、Pixtaなどいろいろ試しましたが、即効性があるのはイラストacだったと思います。

いいところは、ダウンロードの報酬額が年々上がっていることと利用ユーザーが多いところでしょうか?今年は審査制度が入ったり、リクエスト機能がついたり、キーワードの入力が簡単になったりなど作り手側への配慮も若干上がったような気がします。

1年前は作品自体が無法地帯と言うべきか、著作権がかかった写真が平気でアップされていたり、文字に色を変えたパターンを何十種類もあげて画面が全て同じ人の作品で埋め尽くされたり。

さらにはサーバーが落ちて2日間まともに使えなかったりとそりゃ結構いろいろ問題を起こしていました。

昨年からクリエイター側も人が増えよりツワモノたちが増えてきた感じがあります、以前は一人勝ちしていたクリエイターさんが結構圧されていたりして、世代交代というほどではありませんが、時代の変化を感じることができました。

私自身はどうだったかと言えば、そうですね〜今年はイラストに挑戦したりと色々な素材を作り倒してきましたが、最近はよく分からないところで人物の素材にNGが出て突如作品が非公開になったりしてしまったケースもありました。

一体何がどうまずいのかせめて教えてもらえたらいいのですが、サイレント的にNGを食らうのは悔しい限りです、しかしクリエイターの数も増えているのでいちいち一人一人に説明などしている暇はないのでしょう、随分と運営姿勢も変わりつつあるのでしばらくは様子見でしょうか?

換金も2000円から5000円に変更となり、これから始めるクリエイターさんにとっては若干ハードルが上がったように思えますが、それでも他のアフィリエイトなどと比べれば可愛いもんというか問題にならないレベルの話です。

収益に関しては随分と安定してきました。順位は下がったり上がったりの連続ですが、普段の仕事が忙しいのでガッツリしているほど時間も体力もありません、変に上位に行ってしまったら逆に意識しすぎてストレスになってしまう可能性があるので今の状態が非常に理想的です。

やはり基本はまとめ系の素材が人気ですが最近はクリエイターの幅が広がったので個性が随分と出てきました、クォリティも高く手の抜き方が分からなくなってきました。

このACは基本的に著作権放棄が特徴、なのでより手をかけた作品などは全てpixtaにアップしたりしています。メリハリをつけていかないと作品に対する考え方や価値観が分からなくなってしまうからです。

ACはあくまで修行の場所として日々トレーニングといったところでしょうか?このイラストACの競争率は結構高く少々素材が人気が出ても簡単に割って入ることは難しいです。

なので簡単に稼げると思ったら大間違いだと思います、イラストACは1年前に比べて激戦区、とにかく時間のあるクリエイターが日々こまめにアップしている人が上位に来ています。主婦かSOHOのデザイナーここら辺がやはり本気でやっている感じがしますね。

私はのんびり楽しみにながら主戦場をいつかは素材販売サイトで自分の作品を売っていきたいと思っていますが、イラストに勝る結果が出せていないのが悲しいところです。

換金は実はまだ2回しかイラストACではやっていないんですよね、あまり切迫してお金が必要だったわけではないのであまり頻度は高くやっておりません。それもあってか換金申請は若干ビビるんですよね、申請を上げた時に返信メールが来ないまま1週間近く待たされることがあるので、不安が後から押し寄せて来ます。

大丈夫か?コレってな感じで不慣れなメールでの入金申請は恐ろしく不安です。

このACの仕組みにおいて最も怖いのが実はこの換金申請だったりします。ただ入金サイクルは恐ろしく早いです。これが大きなメリットでしょう。

このイラストACというサービスモデルはいつまで続くのか?正直疑問点は多いのですが、もう数年はここが主戦場になりそうです。

GO TO HOME

こちらも合わせて読む